読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 食べもので美人になる方法。 オーガニックスパイスとハーブで 美しい精進料理を作る料理教室 Kazuming キッチン

食事を変えて、ひきこもりとうつを克服したカズミンが主宰する料理教室のブログです。女の人は40歳を過ぎたら美しさの源は健康です。ホリスティック栄養学とローフードとマクロビオティック、そしてヨガの智慧をベースに、お料理と「食」の知識と情報と、美人になる方法について発信。レシピは1人分からです。

ブスなのに、きれいに見える、その不思議さについて。

 

昔、あれっ?と思う事がありました。

一緒に働いていた同僚の話です。

 

その中のある二人の話で、二人ともブスだったのですが、話なんかをした後にいつも、あれっ?と思う違和感があったのですね。

 

その違和感は何だったのかというと、なんでこの二人はブスなのにきれい感があるんだろう?というものでした。

 

そんなわけはないのです。

二人ともあきらかにブスだから。

 

でもそれって、どうしてなんだろうって、思っていて、ある日、わかった事がありました。

 

二人とも、めちゃめちゃ肌がきれいだったのですね。

 

色白で、肌理が細かくて、なめらかで、やわらかい感じ。

 

その二人は、長い間、食事には気をつけていてマクロビオティックが好きな人たちでした。自家製の梅干しやお味噌を作ったり、普段、家で食べるパンを自分で焼いたりするような人たちです。

 

で、思ったのは、女の人は40歳を過ぎたら見た目の作りのきれいさよりも、肌のきれいさの方が圧倒的に物を言う、という事でした。

 

逆に、たとえ顔の作りの美しい人であっても、40歳を過ぎてお肌が荒れていると、やつれた感が出たりして、もはやきれいではなくなってしまう。

 

やっぱりね。40歳を過ぎたら、日々の食事の力が物を言うのですね。